パイプルーフ工法

トンネルの補助工法で地盤沈下抑止

TH式パイプルーフ工法

工事施工には地質条件を選びません。

1,工 法 の 特 長

  • ☆土被りの浅い地山へ鋼管打設する場合に、地表面へ影響を与えることなく鋼管を打設することできる工法です。
  • ☆掘削による地山の緩みや地表面の沈下を抑止できるとともに、トンネル内部においても安全な作業を行うことができます。 また、掘削推進時に孔曲がりの常時監視と修正が可能で地質の変化に応じてビット鋼管が容易にできます。
    小口径推進では、国土交通省のオーガー掘削推進工法認定で歩掛があります。  
  • 1.鋼管径管径: φ200mm~φ1,200mm
  • 2.最大推進力は300t。
  • 3.最大推進延長: 100m
  • 4.管内充填はもとより管外周充填も可能

2,地質と適用ビット

玉石・転石層及び崩積土においては特殊拡孔ハンマービット の方がオーガービットよりも適しています。

3,設計計画例


4,施工状況写真


  • パイプルーフ架台設置状況

  • TH200推進機据付状況
  •   


  • パイプルーフ完了

  • トンネル完成予想図